ドリップコーヒーの世界

インスタントコーヒーは手軽なので、だいたい利用しているかたも多いと思いますが、ドリップコーヒーも拘ってみるのもおすすめです。

器具等が必要にはなりますが、淹れたての香りなどを楽しめて少しリッチな気分になります。
ドリップコーヒーは、豆の粉の引き具合も関係していて、荒目に引くか、細かく引くか、数字で表現します。あまり細かすぎると、豆はお湯で膨らみやすいですが、淹れる時間等がかかってしまう可能性があります。


例えば、バリ島などのコーヒーは、ドリップコーヒーでもフィルターではやりません。

占用の茶器のようなものがあり、その茶器は、フィルターなしで、穴がたくさん開けられた部分に粉を直接入れてドリップする。

粉が穴から落ちてしまうのでは?と疑問に思うと思いますが、ある程度落ちます。



しかし、それが全てカップの底に落ちてから飲むのがバリ式。

人には聞けない珍しいドリップコーヒーの情報はココで集まります。

そして、特徴は味が凄く濃く香りも濃厚という点。
ジャコウネコのコーヒーというものがあり、ジャコウネコという動物がコーヒー豆のみを与えられ、それで排出された糞から作られているコーヒーなのですが、糞でできていると聞くと少し戸惑う部分もあります。
しかし、バニラのような甘い香りがあり、ブラックでは飲めなかった人でも、このコーヒーであれば飲めるくらい甘い香りや余韻が残ります。

エキサイトニュースといえばこちらのサイトです。

フレーバー付のドリップコーヒーは確かにありますが、これは、付けた香りではなく、豆本来の甘みと香り。なかなか入手できない品物ですので、海外(アジア)でも1,000円以上はします。

そういったコーヒーを1度試すと、ドリップコーヒーの世界へドップリはまってしまうかもしれません。